ABOUT “RoomCloser”

   

レールがコンパクトなので、施工手間と枠まわりの造作が少なくて済みます。
トータルコストを低減しながら、操作感・インテリアデザイン・静音性にも配慮した半自動引戸レールです。

COMPACT

ルームクローザーはインセット納まりが基本です。上枠へ下からレールを取付けられるので、垂れ壁のレールボックスや点検カバーは不要。両戸袋に対応でき、アウトセットタイプも見えがかりが小さくてすっきり納まります。

EASY

初めてでもドライバーさえあれば簡単に施工できます。レール長さをオーダーできるタイプでは加工も不要。吊り込みはワンタッチで、上下調整も建具の木口で行えます。簡単でスムーズに施工できる工夫がつまっています。

COMFORTABLE

ルームクローザーは、戸の開け閉めで発生する音にもこだわって開発しました。
人の感覚に基づいて音を解析する先進的な音質評価を取り入れて部品づくりを行い、静かさを実現。経年による音や操作性の悪化を抑える、レールの“お掃除機能”も搭載しています。

FAQ

どうやって自動で閉まるのですか?

引戸を自動で閉じるための引込装置があります。装置は、RCCタイプは上レールに内蔵、RCMタイプでは引戸上部の掘り込み加工に取り付けます。

ブレーキ装置はついていますか?

はい、エアーダンパーによるブレーキが掛かります。引戸の閉じ際およそ300mmのところからブレーキが掛かり始め、静かに閉じきります。ブレーキの強弱は調整できます。

閉じる速度は調整できますか?

引き力の調整はできません。閉じ際およそ300mmの区間でブレーキ力の調整のみが可能です。

建具重量が軽いときに閉じるスピードが速く感じられる場合があります。一概には申し上げられませんが、目安として重量制限(RCC: 30kg、RCM: 40kg)の半分以上の建具重量でご使用いただくことをおすすめしています。

ストッパーはついていますか?

引戸の全開を保持するストッパーとして「キャッチ」が付属しています。

「キャッチ」で引戸が閉じるのを止めることはできますが、開ける方向には止まりません。

そのため、戸尻側に縦枠がない場合など、納まりによっては戸当りが必要になります。

上レール内部に取付ける戸当りは、オプション部品の「上部戸当り(戸尻側)」をご使用ください。

また、RCCタイプはストッパーの保持力を調整できます。RCMタイプは戸袋仕様でもストッパーを開口部で着脱できます。

任意の位置で止めるフリーストップ機能は搭載しておりません。

レール色はサテングレージュ以外にもありますか?

現在のところ用意がございません。色合わせにはシート貼りでのご対応をおすすめしており、レールへの塗装はできません。

サテングレージュ色に近い一般的な仕上色はステンカラーです。建具・枠の色調がライト系、ダーク系のいずれでもなじむよう検討して採用しました。サンプルが必要な場合はお問合せください。

引き分け戸にも使えますか?

はい。標準の片引戸用を2セット用意し、双方の戸先側を突き合わせて使用します。2枚の建具を連動させることはできません。

関止め金具を別途取付ける必要はありません。

ショールームはありますか?

東京・新宿のトーザイクリエイト社ショールームにRCC-Sタイプの実物展示がございます。引戸を開閉しながら、動き方や操作感をご確認いただけます。

他には大阪の本社内に設置箇所がありますので、ご予約のうえお越しいただくか、ミニチュアを用いてご説明に伺うこともできます。

何年くらい使えますか?

ご使用条件によって異なるため、一概に申し上げることができません。詳しくはお問合せください。

価格はいくらですか?

実際のご購入単価はお取引先の建具金物店様へお問合せください。

定価設定はあり、各品番のページおよびカタログに記載しております。

高齢者施設にも使えますか?

はい、お使いいただけます。各種試験や評価は、ご使用者が車椅子でぶつかったり、バーハンドルをつかんで寄りかかったりされることなどを想定して行っております。

どんな場所でも使えますか?

屋外や浴室出入口、化学薬品を使用される箇所ではご使用いただけません。また、不特定多数の方が出入りされたり、過酷な条件の下で使用されたりする箇所に向けてはおすすめしておりません。

吊り込み後の建て付け調整はできますか?

はい、上下方向と前後(見込み)方向のどちらも調整できます。付属の下ガイドも取り外さずに前後方向に調整できます。

RCC-SHT の引き残し寸法は?

参考納まり図に記載のある引き残し寸法100~130mmには理由がございます。開口側と戸袋側に分割しているレールの継ぎ目を、吊車のタイヤがまたがずに開閉できる納まりを推奨するためです。引き残し寸法を推奨範囲外で設定されたい場合など、詳しくはお問合せください。

メンテナンスの方法は?

RCCタイプとRCMタイプで方法が異なります。RCCタイプの機構部品は上レール本体に組み付いたユニット式です。製品寿命による交換など、メンテナンスの際は上レールごと取り替えます。RCMタイプでは部品別に取り替えることができます。

旧型と互換性はありますか?

旧型の上レールは断面サイズがW:40×H:41mm)です。後継にあたる現行品のRCC-Sタイプは、断面サイズが39×39mm)で、旧型より少し小型になっています。旧型の一部は、吊車(ランナー)を取り付ける引戸上部の切り欠き寸法が現行型と異なります。別売りの専用アダプターが必要になりますのでお問合せください。

これまでの使用実績はどの程度ありますか?

現行のRCCタイプと基本構造が同じ初期型を2005年に発売してから、およそ10年の実績がございます。2014年にリニューアルするまで、大部分は大手住設建材メーカー様を通じてお使いいただいてきました。

当サイトに掲載しています納入事例は、現行型が造作建具工事で採用された事例の一部です。詳しい実績について情報が必要な場合はお問合せください。

STORY

利用者と施工者、両方の目線に立った製品づくりを目指しました。

実は、現行のルームクローザー(RCCタイプ)は初期型の発売から10年が経ちます。
基本コンセプトは、引戸を自動で閉じる機能をできるだけコンパクトにして、かつ省施工にすることでした。必要となる駆動装置とブレーキ装置を小断面のレール内に納めて、ワンタッチで吊り込めるのが最良と考え、生み出された製品です。何度かの改良を経て今の形に行き着いています。

新たに発売したRCMタイプはコンパクトで省施工というコンセプトはそのままに、耐荷重を40kgへアップさせました。RCCタイプから10kg増です。いかに軽く戸を走らせられるか?走行力を軽減させるプロジェクトチームを立ち上げ、レールの形状やタイヤの材質など細部にわたり研究を行いました。この結果、駆動装置の小型化が可能になったほか、開扉力も低減し、走行音も低く抑えることに成功しています。
もうひとつ。RCMタイプは戸袋納まりでも全ての部品が交換可能です。開口寸法が大きければレールも丸ごと交換できます。戸袋納まりへの不安をこの手法で解消できれば、新たな市場を作れるかもしれないと期待しています。RCCもRCMも、ぜひ実際に体感してもらいたいですね。
必ず喜んでもらえる製品になっていると思います。